FC2ブログ

デジ絵練習_10日目 【MediBang Paint(ペン入れ)】[2016.7.15(金)~7.23(土)]

【手描き練習索引】 【デジ絵練習索引】

すみません!
【半オリジナルイラスト】の制作途中で、
ブログ更新が途絶えてしまいました!!

別件で時間が取れなかったのもあったのですが、
それに加えて、
急遽、お絵描き環境が変わりまして…
その設定作業に追われておりました~。(つД`)ノ

実は…なんとなんと、
以下のハードウェアを導入する運びとなり…
↓↓
iPad Pro 9.7インチ (タブレットPC)Apple Pencil (スタイラスペン)

(左) iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 128GB MLMW2J/A [シルバー]
(右) Apple Pencil MK0C2J/A

なにコレすごい! カッコいい!!
補償と合わせて、総額114,480円! 贅沢すぎる!!
どーしてこんなの買っちゃったの!?
(貧乏人並みの感想)

…というのも、我が家は、
根っからの Windows および Android ユーザー
割高な Apple 社製品を扱う選択肢など、
元々存在しなかったのです。

それが、とある事情により、
旦那が iPad (と、Mac PC)を入手する必要に迫られ、
かねてより、
タブレット端末が欲しくて仕方なかった私が、
ホイホイ便乗して、

 ・ お絵描きに使うから、
   ある程度大きい画面サイズにしたい
 ・ どうせなら、
   Apple Pencil対応モデルが欲しい

という条件を提示したため、
あれよあれよと必要スペックが吊り上がって、
この実機をゲットする羽目に!

…と、こんな言い訳を、
長々しているのも、理由があります。

それは…
これまで明記してなかった事なのですが、
お絵描きをするに当たって、

 ・ できるだけ無料のソフトを使う
 ・ PC増設などの必要経費が発生しても、
   安く抑える努力をする

という、
本ブログ(というか管理人)の秘めたる意向があり…
その趣旨に反する行動を取ってしまい、
多少なりとも、忸怩たる思いがあるのです。

まぁそれでも、
これも、「ひょうたんからコマ」的なご縁…

何といっても、すげー欲しかった物なので、
純粋に嬉しい気持ちに嘘はつけないです♪

もちろん、iPadじゃなくても良かったんです!

「さぁ使うぞ!」と意気込んでも、
今だかつて、使用したことのないメーカー品…
スタイリッシュすぎて、説明不足感があふれかえっている、
設定作業に、面食らうやら頭抱えるやら…
(旦那キレまくり!)
(私の感想:「こりゃ、ジジババ完全シャットアウトスタンスだな」)

高価な機材を買った イコール
即、お絵描き名人! …とはならないんですよね、
悲しいことに(これが現実)。

なので現時点では、まだ環境を整えただけ…
しかも、肝心の、
MediBang Paintのインターフェースが、
パソコン(Windows)版とiPad版で全然違う

ことが発覚しました!!

なんか、
iPad版、使いにくすぎるんですけど!!
(私がアホなだけ??)

例えば、

 ・ ブラシサイズ設定などで、
   数値項目を直接入力できない
   (スライドと+-のタップのみ)
 ・ キーボードでいうところの、
   [Delete]キーに対応する機能が見当たらない
   ↓
   範囲選択した部分を、「切り取り」以外で
   一括消去する方法が分からない
 ・ etc. etc...

画面を比べてみると、こんな感じ(Version 8.1)。↓
iPad版 MediBang Paint

Windows版 MediBang Paint

上がiPad版で、下がPC版なんですが…
やっぱり、ツールアイコンの数が違いますよね??

iPad版の方は、表示し切れない機能を、
折り畳み式にしてあるため、もしかしたら、
PC版に劣らない操作が可能?
なのかもしれませんが…
「かゆい所に手が届かない」感が半端ない!

同じお絵描きアプリなのに、
なんでこんなに変えてるんですか?!

(そりゃあ、iPadには、
マウスもキーボードもついてないですけど)

これが、Windowsタブレットなら、
操作うんぬんで悩まなくて済む?はずなのに…。
(PC版と同一画面と予想)

現在も、なお苦しみ中ですが、
とりあえず、慣れていくしかない…
MediBang Paintの進化ならぬ、
管理人自身の成長が求められます!m9(゜д゜)っ

それで、まず、
何をしようかと考えたのですが、

最初ということもあり、
【MediBang Paintを初めて触った時】と同様、
既存イラストのトレース作業から始めてみる
ことにしました~。
↓↓
《お手本イラスト》
20160715お手本_這いよれ!ニャル子さんw
↑「這いよれ!ニャル子さんw」


《本日の練習画》
20160715_デジ絵練習10日目_ペン入れ画像

こんな感じで、お試し操作として、
ペン入れのみ行ってます(ついでに影もつけました)。

タブレットで操作しづらい準備作業

 ・ お手本の選定&サイズ調整
   (小さかったのでGIMPで3倍に拡大)
 ・ MediBang Paintへの取り込みと
   初期レイヤー操作
   (原画の不透明度を30%に)

はPC側で行い、

 ・ ペン入れ等のタッチペン操作

はiPadで取り組む「分業制」で。

こういう時こそ、
MediBang Paintのクラウド機能が生きますね!

キャラにより、
ブラシタイプを変えてみたのですが、
細い線(3pixel)を採用したせいか、
書き味の違いは、実感できず…。

≪覚え書き≫
「筆(墨)」ブラシ:
 このブラシは、少しにじむ感じ。
 そして、斜めラインががたがたになるという…。
 設定で微調整できそうだが、ペン入れにはあまり向かなさそう。


ただ、これまでみたいな、
パソコン上でのお絵描きの場合、
こういうタイプのペンタブレットを接続して、
ペン入れすることになるため、

WACOM CTE-440 (ペンタブレット) WACOM FAVO CTE-440
 ・ 画面
 ・ 目(視点)
 ・ 手(ペン先)

の、3点位置がバラバラで、
同期がとりにくい
という問題がありました。

(要するに、下絵とペン入れの線がずれやすい

それが、iPadだと、手元で描けるため、

 ・ ペン先と画面が一致する

こととなり、
PCのような「ずれ」がかなり改善され
作業効率がアップする恩恵を受けられました♪

まだまだ素人で、素早くは描けないのですが、
それでも、トレースだけなら、【前回】と比べて、
大分スラスラなぞれた…気がします。(*^_^*;;)

上手な方が、やっているみたく、
「フリーハンド(即興)でささっと下書きする」
というのに、ものすごく憧れてるのですが、
こればっかりは、そうそう実現できそうにないです~。
・゚・(つД`)・゚・


ブログランキング参加中です

↓↓よかったら、ポチッと1クリックお願いいたします~☆

ブログランキングへ  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



デジ絵練習_9日目 【MediBang Paint(ラフ画修正~ペン入れ)】[2016.6.16(木)~6.28(火)]

【手描き練習索引】 【デジ絵練習索引】

《原画イラスト》
20160613_手描き練習(半オリジナル・キスシーン)
↑半オリジナルキャラ・キスシーン(鉛筆画)


《本日の練習画》
20160616_ペン入れ画像(半オリジナル・キスシーン)
↑半オリジナルキャラ・キスシーン(ペン入れ後)

【前回】予告した通り、
下書きまで完成した「半オリジナルイラスト」を、
【MediBangPaint Pro】の力を借りつつ、
頑張ってペン入れしてみました~♪

今回は、以下に記述した、
【1】~【3】の手順で仕上げています。
↓↓
----------------------------------------
【1】下処理
----------------------------------------
前回取り込んだ、原画イラストのサイズ…
100dpiでスキャンしたため、少し小さいんですよね~。

あと、キャラの体勢も、
もっと斜めに倒したい思惑があったので、

GIMPで倍サイズに拡大

-30度に回転させる


下処理を施してみました~。

そうして用意した原画ファイルが、こちらになります。↓
20160616_下処理1-原画を-30度回転

----------------------------------------
【2】ラフ画の修正
----------------------------------------
このままペン入れすべきだったかもしれませんが、
折角なので、
納得いくまでキャラの体勢を描き直すことにしてみました。

あと、左側青年の髪の毛を、
できるだけたなびく感じに致したく…。

以下の流れで修正加工を施してみました。

20160616_MediBang1-ラフ画の修正

①原画を取り込んだ後、
 修正用のレイヤーを追加。
 ↑
原画を直接加工してもいいのですが、
大失敗した時の保険用に残してあります。
(チキン戦法…)

②原画の要らない線を白で上書き消ししつつ、
 新しいラインを薄いグレーで入れていく。
 ↑
使ったのは「ペン」ブラシのサイズ5~8、
薄いグレーの1色のみ。
消しゴム代わりとして、サイズ20~30のブラシで、
白/透明色塗りを施しました。

そうした完成したのが、こちらです。↓
20160616_下処理2-修正ラフ画

左側青年の頭頂部と、
右側少年のボディを中心に修正入れてます。

あまり改善されてない感もありますが、
これが限界だったということで…。(^_^;;)

ブラシの種類によって、書き味の差異があったため、
 以下に備忘録としてメモしておきます。↓↓

≪覚え書き≫
「鉛筆」ブラシ(薄い):
 白で上塗りしても、下レイヤーの線が透ける(綺麗に消せない)。
 黒だと、墨汁みたいな下書き用の線が描ける。

「ペン」ブラシ(濃い):
 白で上塗りした場合、下レイヤーの線は完全に隠れる。
 黒だと、下書きに向かない濃いラインになってしまう。


----------------------------------------
【3】ペン入れ
----------------------------------------
ペン入れの流れは、こんな感じです。

20160616_MediBang2-ペン入れ

ペン入れ用の線画レイヤーを追加。
 下書きレイヤー(原画&修正分)の不透明度を、
 30~50%に。

②輪郭や粗方の主線は、「Gペン」8~10サイズ、
 瞳などの細かい部分を、「丸ペン」5サイズ で描画。
 ↑
 適宜、「ペン」ブラシ20~30サイズの透明色塗りで、
 崩れた箇所の消し直しを入れてます。

③描き辛い箇所は、
 「ナビゲーター」の回転機能を利用。
 なるべく滑らかな線を引いていく。

④そして今回も、
 「取り消し(アンドゥ)」機能使いまくりです!(T_T)
 (要は失敗だらけということ。)

青年の髪の分け目が、微妙なまま…。
ペン入れ時に少しだけ調整しましたが、
下書き段階から意識できてたら、
もうちょっとマシになってたと思います。(´;ω;`)

----------------------------------------
ペン入れって、難しいですね!

”シュッ”と一気に線引きした方が、ガタガタしないけど、
なかなかに手ごわいです…。

特に、青年の髪など長い線を描く時のコツが、
まだまだつかめず…。

そして、ペン入れには凄く時間がかかります
もっと速く描けるようにならないものか??

私の場合、手ぶれ補正をきつくした方が良さそうです。
今回は気づけないまま終わってしまいましたが、
次回以降は、12→19(最大値)にしようと思っています。


さてさて、お次は鬼門の色塗りですね…。

当初は、セピア調イラストにしたかったので、
あまり塗るつもりはなかったのですが、
よくよく考えてみると、
線だけでは、説明不足

最低でも、影になる部分は塗りでカバーしないと、
非常~に薄っぺらい絵になるのが確実です!


ブログランキング参加中です

↓↓よかったら、ポチッと1クリックお願いいたします~☆

ブログランキングへ  人気ブログランキングへ



イラスト練習_27日目 【恋人たち(キスシーン)】[2016.6.13(月)~14(火)]

【手描き練習索引】 【デジ絵練習索引】

《お手本イラスト》
20160613お手本1_機動戦士ガンダム00 20160613お手本2_STEAL!-小林 明日叶
↑「機動戦士ガンダム00」、「STEAL! 小林 明日叶」


《本日の練習画》
20160613_手描き練習(半オリジナル・キスシーン)

ハイ~、今回も懲りてません~。(´∀`*;)ゞ

【半月前】に大失敗した、「半オリジナルイラスト」
モチーフを変えて再挑戦です!

正直これも、いま一つな出来映えですが、
前回と異なり、
最後まで描きあげられただけでも万々歳
と致しましょう!\(^o^)/

やはり、
デジタル(タブレット描き)では難しいアタリやラフ画が、
アナログ(鉛筆描き)ではギリギリ描画可能と、
判明したのが良かったかな? と…。

なので今回は、大量消しカス覚悟で、
描いちゃ消し、描いちゃ消しを、
シコシコせっせと頑張ってみました~。

もちろん、お手本無しで描ける訳がなく、
ガンガン丸写しする勢いで、
キャラ混成しまくりです!

・ 基本構成(顔面まわり)は、「ガンダム00」のお二人で。

・ 右側少年は、「小林 明日叶」くんを猿真似。

・ 左側青年については、
  決まった見本が存在しないゴーストキャラなため、
  あちこちの資料を参照模写して、
  何とか、それっぽくなるように調整。

青年の瞳位置が、本っっ当に決まらなくて
メチャクチャ描き直す羽目に!(紙面がボロボロ…)

驚いた表情にするのも、大変でした。
全部消した後に、同じ形を再現する技術がなく、
「あれ、どう描いてたっけ??」の繰り返しとなり…。
(血涙)(T_T)

右側少年が泣いているのは、仕様です(笑)。

もっと元気よく、青年を押し倒す勢いの、
角度がついたイラスト
を描きたかったのですが、力及ばず…。

・ 青年の瞳が大きすぎ/耳が小さすぎた
・ 青年の髪の毛、少年の涙に、もっと躍動感が欲しい

等々、反省点も多々ありますが、

このイラストは、
ペン入れするつもり満々ですので、

【次回】
【MediBangPaint Pro】でのペン入れの際に、
上記問題箇所を、少しでも手直しできたら…
と思っています♪


ブログランキング参加中です

↓↓よかったら、ポチッと1クリックお願いいたします~☆

ブログランキングへ  人気ブログランキングへ



イラスト練習_26日目 【恋人たち】[2016.6.9(木)~10(金)]

【手描き練習索引】 【デジ絵練習索引】

《お手本イラスト》
20160609お手本_誘惑のルール
↑「誘惑のルール」


《本日の練習画》
20160609_手描き練習(誘惑のルール)

今回は、大失敗した【前々回】作画の構図に、
近い形のイラストを発見したので、
それを模写してみたいと思います。

単独キャラを模写するのさえ満足に出来ないのに、
いきなり難易度を上げるのはどうかという気もしますが、
よくよく考えてみると、

管理人が描きたいのは、
友人なり恋人なりの、

複数キャラが絡んでいるイラスト
(背景込み)


なんですよね…。

だから、
最初から目標値のハードルが高いという。
(´・_・`)

その代わり、色塗りに関しては、
そこまで高度な仕上がりを求めてない
のですが。

ともあれ、これからは、
できるだけ複数人が絡む題材を選んで、
トレースするように心がけてみます。
↑↑
適当なお手本を探すのが難しい &
背景も練習しなきゃ & なにより気まぐれなため、
毎回必ずそうする訳じゃないと思いますけど…。
(^_^;;A)

今回は、
フリクション色鉛筆はざっとしたアタリにしか使わず、
ほぼ9割方シャーペンでの作業になりました。

やっぱり鉛筆の方が、断然描きやすいんですよね~。
適宜発生する消しカスは、
ゴミ箱へダイレクト・ドロップすることで、
PC故障の危険を避けてます。

でも白黒だから、衣類と肌の区別がつけ辛い

服は意識して細い線にしないとダメ
っぽいですね。
人物に対して存在を軽くする感じで。

ただし、失敗して何回も描き直してると、
線がぼやけて太くなる悪循環が発生するので、
ある程度、思い切りよく描かないといけないという。

そこらへんは、やっぱり慣れなのかな…?

本日も、お手本とずれている部分がありますが、
もう、結構開き直ってます。

・ 男性の顔面角度が浅い/左手がおかしい
・ ワイルドさが表現できてない
・ 女性の密着度合いが薄い
・ 他、諸々…

こんなにクネクネ曲がった、
ウェーブヘアーを描いたのは、
恥ずかしながら、生まれて初めてです!
いかに練習不足かが伺える…。(。-_-。)

鉛筆描きに戻って、
ちょっとだけ描画スピードが上がったような
錯覚に陥ってましたが、それは誤り…

構成やら角度やらキャラの表情やら、
一つ一つ創作しながら描くオリジナルと違って、
トレースは丸写しするだけで良いのだから、
圧倒的に楽なんだっていう事に、
今更ながら気付かされました(血涙)!
(つω-`。)


ブログランキング参加中です

↓↓よかったら、ポチッと1クリックお願いいたします~☆

ブログランキングへ  人気ブログランキングへ



イラスト練習_25日目 【全身(着衣)】[2016.5.26(木)~29(日)]

【手描き練習索引】 【デジ絵練習索引】

《お手本イラスト》
20160526お手本_艦隊これくしょん-時雨改二
↑「艦隊これくしょん」より 時雨改二


《本日の練習画》
20160526_手描き練習(時雨改二)

ここ一ヶ月ほど【MediBangPaint Pro】ばかり使って、
アナログ系イラストはお休みしちゃってました~。

どんなイラストも、
最終的にはスキャンしてデジタル化する
という大前提があるため、

最初から最後までPC上で制作できれば、
それが一番
という思惑があって…。

ですが、そう簡単にはいかないもの…
【前回】の練習では大失敗して、
いつも以上の挫折を味わってしまいました!(´;ω;`)

そこで、ちょっと傷心を癒すため、
原点に立ち返って、鉛筆画にリトライ…
(+フリクション色鉛筆)
まぁこちらも、
満足な結果は得られてないですが。_(:3 」∠)_

(たまたま見つけた)
フィギュアを模写するのは、初めてかも。

いい感じにデフォルメされてる良題材ですが、
やっぱり完璧トレースは難しく、

・ 顔が細い:
  三つ編みの角度が出せず、
  背負い武器の幅が確保出来なかった。

・ 胸~腹部(おへそ)間の胴体が長い:
  アナログで修正するのは困難なため、
  そのまま放置

なんというか、「あざとい可愛さ」に!orz

ペンタブと鉛筆で感覚の違いがあるのは、
分かったのですが、
まだまだ使い分けられず…

はっきり解明できてないのですが、
今感じていることは、

☆ ペンタブは描き消しがスラスラできるが、
  アタリをとったり(形を捉える)、
  イメージを忠実に落とし込むのが難しい。
  (なんかずれてしまう)

☆ 鉛筆画は消しカスが面倒だが、
  (+スキャンや小さな汚れの除去)
  ペンタブよりは楽な感覚で、
  対象の形状を捕捉できる。

見回すと、どうしても、
他の方は苦もなく描けている
ように見えてしまい、
「やっぱ向いてないのかな~?」と、
一人落ち込んでしまっちゃってます…。

それでも、描かないと上達しないので、
続けるつもりではいますけど…。(・ω・`彡 )з


ブログランキング参加中です

↓↓よかったら、ポチッと1クリックお願いいたします~☆

ブログランキングへ  人気ブログランキングへ



はじめに
検索フォーム
最新記事
人気ページ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ